医業類似行為についての勉強会♪

 

症例別講座の中で医業類似行為についての勉強会をしました。

 

整体業(リラクゼーション業)の法的な位置や解釈は知っておいたほうがいいですからね。

 

医業類似行為の中でも法律の規約があるのが【鍼灸師】【マッサージ師】【柔道整復師】などのいわゆる有資格者。規約がないのが【整体】【カイロプラクティック】などのいわゆる無資格者。

 

簡単に言うと国家資格が有資格、民間団体の資格が無資格というカテゴリー分けになります。

 

一般の方から見たら全部同じに見えるでしょうね。同業者でもよくわかってない人はけっこういます(^-^;

 

他にも仕事上で使わないほうがいい言葉や言い方なども勉強。

 

 

最後は過去の裁判の判例からカイロプラクティックの【スラスト法(※いわゆるバキバキ鳴らすやつ)】について。

 

ここでは危険手技という位置付けになってますが正しい技術と知識があればリスクは低いと個人的に思います。

 

今は私もほとんど使わない技術です。

 

スラストを受けてみたい受講者さん2名を皆さんの前でスラストしました。

 

実際に技術を見ないと理解できないと思います。

 

もちろん講座では教えてないですけどね。簡単ではないので(^▽^;)

 

 


 

 

 

ブログ一覧